パイプセレモニー

 ホワイトバッファローカルフウーマンが、ラコタ族の人々に、祈りのツールである聖なるパイプとその教えを授けられたのが、3000~4000年前とも言われています。その後、様々な部族に、人々へと教えが伝わり、今でも、平和のために、聖なるパイプで多くの祈りがなされています。

 祈りは、偉大な力をもっています。祈りは、タバコの煙となり、グレイトスピリット、母なる大地、父なる空へと届いていきます。

 ここでは、パイプセレモニーを通して、個人、家族、友人、母なる大地のために祈る場を提供します。

 Ikuko Running Deerは、聖なるパイプを授かり、尊敬するチェロキー族のパイプキャリアーである、親愛なるグランドマザーから教えを受けています。パイプセレモニーにご興味ある方、どうぞご連絡下さい。一緒に祈れることを光栄に思います。

 

 

場所:Ikuko Running Deerの自宅、祈りが必要な方の家や施設など、ご要望に応じます。ご相談下さい。 現在住んでいるところは、フォーコーナーズから1時間半ほど車で走った所です。